被爆地から世界へ
核兵器廃絶のメッセージを
日本原水協

loading...

日本原水協のよびかけ


2022年
国連軍縮週間特別企画
パネル討論開催



岸田政権は、ロシア、中国、北朝鮮の脅威を利用して、年内にも「国家安全保障戦略」「防衛計画大綱」「中期防衛力整備計画を」改定し、大軍拡と日米同盟強化をすすめようとしています。こうした「戦争する国」づくりは北東アジアのみならず、世界とアジアの平和と安全を脅かすものであり、被爆国日本が取るべき道ではありません。「軍事的解決」ではなく「平和的解決」、「核抑止力依存」ではなく「核兵器禁止条約への参加」へと大胆に舵を切るべきです。安全保障政策と外交問題の専門家、法律家、運動代表を交えて、いま日本がとるべき選択について討論します




国連軍縮週間
核兵器使うな!
全国各地で宣伝行動



「もし使われたら…」ではなく、

絶対に使わせない外交努力を

被爆国として、あの惨劇を知る国として

プーチン大統領は核兵器を使用すると威嚇を強め、米軍とNATO軍も核兵器の使用を想定した演習をおこなっています。また、北朝鮮のミサイル発射は、日米韓や米韓が日本海でおこなった米国原子力空母『ロナルド・レーガン』が参加した、空母打撃軍の合同訓練への対抗・警告です。「ロナルド・レーガン」の母港がある神奈川県の横須賀などは真っ先に攻撃目標となります。

核兵器は、一度使用されれば、事故やミスでも、地球規模の破滅をもたらします。「もし使われたら…」ではなく、絶対に使わせてはなりません。岸田首相は、国連で2度にわたって演説をしていますが、「核兵器のない世界の実現を」と言いながら、ロシアにも北朝鮮にも「核兵器を使うな、なくせ」と迫ることはしていません。被爆国としてはっきり言うべきです。


核兵器禁止条約こそ、平和への道

核兵器禁止条約への参加・批准は着実に増え、9月22日現在で署名国91カ国、批准国は68カ国へ前進しました。多くの国々が核兵器廃絶に向けて核保有国を包囲を強めています。米国との同盟関係のオーストラリアも政権交代によって、核兵器禁止条約批准に前向きな態度にかわっています。被爆者とともに、核兵器のない平和で公正な世界実現のために、あなたの署名が大きな力となります。核廃絶へ政府を動かしましょう。



チラシ(PDF)をダウンロード

北朝鮮の
弾道ミサイル発射に
断固抗議する




談話


北朝鮮の弾道ミサイル発射に断固抗議する

本日、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し、日本の上空を通過した。平時に、しかも無通告で弾道ミサイルを発射するなどということは、日本にも、北朝鮮にも、そして世界にとっても安全を損なう危険極まりない無法行為である。国連安保理決議に違反し、アジアと世界の平和に逆行するものであり断固抗議する。

東アジアの平和と安全のためにも、北朝鮮がこうした挑発行為をただちに止め、弾道ミサイルを含め、核兵器関連のあらゆる活動を中止することを強く求める。

2022年10月4日

原水爆禁止日本協議会

事務局長 安井正和





日本原水協の機関会議の決定/文書・談話/声明

プーチン大統領の
度重なる核脅迫発言に
断固抗議する




抗議文


2022年9月22日

プーチン大統領のたび重なる核脅迫発言に断固抗議する

ロシア連邦大統領 ウラジーミル・プーチン殿

貴職は、9月21日、ロシア国民向けのテレビ演説で、NATO加盟国に対して「ロシア領土の保全が脅威にさらされれば、われわれは、手持ちの全ての兵器を使う」「はったりではない」と述べ、再び核脅迫をおこないました。断固抗議します。

核兵器の使用がもたらすものは、広島と長崎への原爆投下が示しているように、大量破壊と非人道的な破滅的結末しかありません。核兵器は、人間として死ぬことも、人間らしく生きることも許さない、「絶滅」だけを目的とした「絶対悪」の兵器であり、その保有も使用も許されません。

貴職の発言は、平和と人類の生存に対する重大な挑戦であり、国連憲章とそれに基づく平和のルール、核兵器廃絶にかかわる国際合意を踏みにじるものです。

主権国家に対する侵略と領土拡張は国連憲章が禁ずる明白な違反行為にほかなりません。ウクライナへの侵略を停止し、ロシア軍は即時撤退すべきです。 被爆国の運動として強く抗議し、国連憲章の順守と紛争の平和解決、核兵器の全面的廃絶のために誠実に行動するよう強く要求します。

以上





日本原水協の機関会議の決定/文書・談話/声明

日本原水協の最新ニュース

原水協通信on the web logo

思わず足を止め署名―北海道原水協

2006年12月06日

原水爆禁止北海道協議会は、核兵器廃絶と被爆者連帯を訴える6・9宣伝行動を、6日札幌市中央区パルコ前で行いました。 師走の寒い風が吹く中の宣伝行動でしたが、被爆の実相を示すパネルに思わず足を止め署名する高校生、10月の国連総会にこの署名を提出したんだよと話すと連れ立って署名する高校生もいました。中央区原水協、国民救援会札幌支部、北海道平和委員会から参加し、『核保有なんてとんでもない 憲法と非核三原則でアジアと日本の平和を』のビラを配りました。 北広島原水協の浜田種樹さんは、「61年前、瞬時に爆風と熱線、その中をかろうじて生き残った被爆者は世界に向かって『核兵器なくせ』と声をあげてきました。核兵器と人類は共存できません。私たちがしなければならないのは、核兵器を世界中から全部なくすることではないでしょうか」「今年の国連総会では、2000年核兵器廃絶の合意をすみやかに実行せよとの決議が、圧倒的多数で採択されています。核兵器廃絶は国際的世論です。被爆国日本政府は国連では不十分ながら核廃絶の決議を提起する一方、国内では日本の核保有議論、非核三原則の見直し発言を行っています。61年たった今、被爆者がなぜ提訴しなければならないのか」と訴えました。 北海道民医連の宮原昌男さんは、「61年前の8月6日広島に原爆が落とされた6日は、全国で6・9の宣伝行動が行われています。この間、何回かの原爆使用の危機がありましたが、署名・世論の力で使わせませんでした。若い人たちが被爆者の話を聞いたり、署名に協力する姿が目につきます。皆さんの思いを書名に託して下さい」と署名に協力を呼びかけました。 (北海道原水協 しまだ)

1 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216
原水協通信 on the Web へ

原水協通信on the web logo


日本原水協の

youtube_logo

YouTubeのチャンネル登録は こちら

youtube_logo

今月の平和のうた

提供:日本のうたごえ全国協議会

うたごえイメージ

日本原水協のおしらせ

更新情報

更新日時内容
2022/11/2812月の6・9チラシを更新。
2022/11/0111月の6・9チラシをアップしました。
2022/10/26国連軍縮習慣を受けて、特別企画のパネル討論についてや街頭宣伝用のチラシをアップ。その他緊急の署名やクラウドファンディングをアップしました。また、先日、IPBショーン・マックブライド賞を受賞した高草木代表理事の授賞式動画と今年の平和行進ダイジェストをアップしました。
2022/09/3010月の6・9チラシを更新。9月18、19日で行われた第340回常任理事会の決定文書もアップしました。9月22日にはロシアのプーチン大統領の度重なる核兵器による威嚇に対しての抗議文を発表。
2022/07/29今月の「6・9チラシ」8月をアップしました。

署名にご協力を

ダウンロードは
こちら

署名

今月の6.9チラシ

今月の6・9チラシ

 白黒バージョン  PDF  /  Word


今月のチラシ裏
PDFPDF

 白黒バージョン PDF