抗議文


アメリカ合衆国大統領

ジョー・バイデン殿


2024年5月18日

原水爆禁止日本協議会


貴国政府が2024年5月14日におこなった臨界前核実験に対し、被爆国の運動として強く抗議する。

核エネルギー省安全保障局(NNSA)は、今回の実験が核弾頭の安全性や有効性、性能改善に向けたデータ収集に目的があるとしている。これは、バイデン政権が策定した2023年核態勢見直し(NPR)による設計寿命を超えた核兵器の更新、近代化をはかる「交代プログラム」と一体のものである。


貴国政府は、他国の核兵器の開発・取得・保有に反対する一方で、自国の核は「安全の保証」であり、「侵略を抑止」し、戦争を「防止」すると繰り返している。しかし核兵器は、ウクライナの戦争にもみられるように、侵略や戦争を「防止」しないばかりか逆に危険をエスカレートさせ、一度使われれば人類滅亡にさえ通じるものである。


現在、圧倒的多数の国ぐにが「核兵器のない世界」による安全保障を求めて核兵器禁止条約を支持し、条約に参加している。2021年1月に発効した核兵器禁止条約は、核兵器の開発、実験、保有、使用と威嚇を含めて、核兵器のあらゆる活動を禁止している。


どんな形であれ、今後一切の核実験をおこなわないこと、核近代化計画の中止を強く要求する。同時に、貴国がこれまで誓約してきた「核兵器のない世界」の実現にむけて、核不拡散条約(NPT)再検討会議での合意事項の履行や、核兵器禁止条約への参加など、誠実に行動することを要求する。


以上



抗議文


アメリカ合衆国連邦議会
共和党上院議員 リンゼー・グラハム殿


2024年5月17日

原水爆禁止日本協議会


あなたは、2024年5月8日、米上院歳出委員会国防省委員会で、1945年の広島、長崎への原爆投下について、これが「戦争終結につながった」との考えを示し、「イスラエルは負けるわけにいかない。これは、広島と長崎の究極版だ」とのべ、アメリカによるイスラエル軍の行動の支援を促した。


 

いま、世界の世論と圧倒的多数の政府は、パレスチナ自治区ガザ地区住民に対するイスラエル軍の無差別の殺りくと破壊に抗議し、即時の停戦、即時の人道支援、人質の解放、イスラエル軍の撤退、国連の決議に基づく紛争問題の平和解決を求めている。一般市民にたいするテロ攻撃はもちろんいかなる理由であれ、容認されるものではない。だが、武力攻撃の継続とそれに対する米国の軍事支援は、問題解決を遠ざけ、罪もない市民の犠牲を拡大するたけである。まして、核兵器の使用を促したことは、広島、長崎をガザで再現させてもかまわないという、究極の暴論であり、人類の生存に対する挑戦にほかならない。

我々は、あなたがそのことを真摯に受け止め、核兵器の使用の正当化にまでいたった5月8日の発言をただちに撤回するよう強く要求する。

以上

日本原水協の最新ニュース

原水協通信on the web logo

【福島】福島県原水協の総会でマーシャル核被害者支援交流団参加者が報告


2006年04月05日

福島の「てっちゃん」から、「マーシャル核被害者支援交流団」に参加した「ゆりっぺ」による報告会の様子が届いたので以下に転載します。 4月1日(土)、二本松市内にて開催された福島県原水協の総会の中で「マーシャル核被害者支援交流団」に参加した我らが『ゆりっぺ』からの報告がありました。 《ゆりっぺの手書き資料より》 siryou.jpg 『やっこえ!マーシャル!!』 ~マーシャル核被害者支援交流団に参加して~ ○主な日程・活動 2月26日 成田→グァム移動   27日 グァム→マーシャル移動   28日 アサンプトンスクールにて被爆写真展(マジュロ) 3月 1日 ビキニデー式典 ERUBビキニデー集会    2日 健康相談・被爆写真展・バザー       (ロンゲラップ環礁事務所にて)    3日 キリ島へ。被爆写真展・ビキニデー式典    4日 代表団交流会(アバッカ議員一家と交流会)    5日 アバッカ議員の夫の島へピクニック    6日 イバイ島へ。ネルソン・アンジャイン氏と再会       平和ミュージアム建設についての話し合い    7日 マーシャル→グァム移動    8日 グァム→成田→福島移動 「すみやかな核兵器の廃絶のために」署名も随時集められました。 ○感じたマーシャルについて  飛行機の窓から眺めた環礁や海は、本当に美しかった。南の島らしく、人々はとても陽気でやさしい。しかし、いざ島に降り立ち島人の暮らしを知ると、私は違和感を感じてならなかった。南の小さな楽園はどこへ消えてしまったのか。コンクリのバラック小屋に住み、米と肉を食べ、アメリカンな服を着て、仕事もなくブラブラし、命に関わる核被害の実態も知らされず、自分が何者なのか、人間らしい幸せを彼らは知っているのか?  唯一、私がドキドキしたのは、彼らが大合唱する島の歌とヤシの木の繊維で作る手工芸品だった。  ビキニデーに於いて、アメリカ大使は「皆さんは冷戦の終結と世界の平和・民主主義に貢献した」と核実験について挨拶で述べます。それに対してマーシャル側は何も言いません。ロンゲラップ環礁の代表だけが抗議の言葉を口にします。被爆者たちは、そんな状況に怒っています。90年代、(原水爆禁止)世界大会に参加し、私たち日本の運動に学び、被害者組織エラブ(ERUB)が」つくられ、被害の実態を知らせ補償を求めて奮闘しています。  平和ミュージアムについても、彼らは決して諦めていません。国会議員のアバッカさんを中心に、「ミュージアムはマーシャルの教育にとっても、歴史を伝える上でも重要、必ず完成させる」と強い意志で頑張っています。  地図上でも点でしかない小さな国のマーシャルで起こった核実験とその被害、そこに生きる人々のたたかいが世界から忘れ去られないように、日本の、福島の私たちがこれからもマーシャルを見つめ、連帯を深め支援していくことが大切ではないでしょうか。  福島で、これまであたたかく見守り応援してくださった皆様へ、心から感謝申し上げます。   2006.3 ゆりっぺ  「ゆりっぺ」が福島人でホントに良かったと思いますわ。彼女がマーシャルで見たこと・聞いたこと・感じたことetc・・・は、今後の福島の平和運動の大きな力になることは間違いないね!これからも共に頑張っていぐべ! 転載ここまで。 マーシャル代表団の活動は、『原水協通信』4月号の10面にカラーで掲載してありますので、そちらも併せて読んでいただけると一層深まると思います。

1 213 214 215 216 217 218 219
原水協通信 on the Web へ

原水協通信on the web logo


日本原水協の

youtube_logo

YouTubeのチャンネル登録は こちら

youtube_logo

今月の平和のうた

提供:日本のうたごえ全国協議会

うたごえイメージ

日本原水協のおしらせ

更新情報

更新日時内容
2023/11/3012月の6・9チラシを更新。第2回締約国会議日本原水協代表団の様子もごらんください。
2023/10/3011月の6・9チラシを更新しました。
2023/01/292月の6・9チラシを更新しました。
2023/01/20トップページスライダーを更新。2023年3・1ビキニデーについて記載しました。
2022/09/3010月の6・9チラシを更新。9月18、19日で行われた第340回常任理事会の決定文書もアップしました。9月22日にはロシアのプーチン大統領の度重なる核兵器による威嚇に対しての抗議文を発表。

署名にご協力を

ダウンロードは
こちら

署名