ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

ビキニデー

Share|

2001 3・1ビキニデー
ビキニデー:「核兵器廃絶の明確な約束」実行を求めて意思統一

ロンゲラップの子どもたち - マーシャル諸島

2001年の3・1ビキニデーは、以下の日程で開催されました。
2月26日 核兵器のない二一世紀を開くシンポジウム (東京)
  28日 2001年3・1ビキニデー日本原水協全国集会 (静岡)
3月1日  墓参行進、墓前際 (焼津)
      被災47周年2001年3・1ビキニデー全国集会(静岡)

 

2月26日のシンポジウムでは、メキシコ外務省からビクトリア・ロメロ駐日大使館書記官、マレーシア外務省からサリマ・アクバル駐日大使館書記官、今井隆吉元軍縮大使、上田耕一郎前参議院議員、アチン・バナイク核軍縮平和連合(インド)代表がパネリストとなり、二一世紀初頭の核兵器廃絶の展望と課題を探求しあいました。 また、28日以降の行事には、マーシャル諸島共和国上院議員アバッカ・マディソンさんも参加、1日、静岡県実行委員会と原水爆禁止世界大会実行委員会が共催した3・1全国集会には戸本焼津市長もあいさつにかけつけました。



 
PDFWEB署名