ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

被爆者との連帯【アメリカ合衆国】

Share|

ラグーナ・アコマ連合
ドロシー・パーレイ(ウラン鉱山放射線被害者)
(1999年世界の被ばく者セッション)

アメリカ合衆国

ハーグ平和のためのアピール
1999年5月 オランダ、ハーグ
世界の被ばく者セッション

ラグーナ・アコマ連合
ドロシー・パーレイ(ウラン鉱山放射線被害者)



〔注:ドロシー・パーレイさんは、会議の直前に亡くなられました。会議には、代わりに娘のカーレッタ・ガルシアさんが出席し、原稿を代読・発言しました。〕

  わたしはドロシー・パーレイと申します。アメリカ先住民のプエブロ・インディアンで、アメリカ南西部にあるニューメキシコと呼ばれる所に住んでいます。

  私はインディアン保留地に住んでいますが、これは、アメリカ政府が私の祖先を強制的に住まわせた場所です。初期のヨーロッパからの移住者は、私たちを私たちの土地から追い出し、そこを自分のものだと主張しました。私たちは最終的に、通常は人が住めない土地へと追いやられましたが、当時政府はこの土地に豊富な天然資源があることを知りませんでした。私が暮らす地域は、ラグーナ・プエブロといいます。ここにはかつて、世界最大の露天掘りウラン鉱山がありました。

  1935年この鉱山の操業が開始されたことは、私たち貧しい先住民にとって神の恵みのようなできごとでした。私たちはつねに貧しく、その水準は、政府が先住民の水準と定めたもののように思えました。私たちは稼いだお金で家族を養い、はじめて自立することができました。そう、その頃は良かったのです。けれども、政府は、この鉱山が危険なものであり、私たちの健康を脅かす可能性があるとの警告をおこないませんでした。死と破壊をもたらすものであることも私たちに 言わなかったのです。

  危険にさらされたのは、体だけではありませんでした。ウラン鉱脈を露出させるために使われた爆薬のせいで、私たちの住居も安全ではなくなりました。私たちの村は鉱山区域からほんの10 00フィート(約300m)しか離れていませんでした。硫黄など爆薬に使われている化合物が臭うほどでした。爆発作業がおこなわれるのはたいてい昼食か夕食のときでした。収穫の季節になると、村の女たちが干した野菜や果物にはうっすらとほこりが積もりました。私たちは、有毒だとは知らずに、ただ洗い流しただけでした。

  1975年、私はアナコンダ・ウラン鉱山で働きはじめました。母子家庭であり、娘を育てなければならなかったのです。私はトラックの運転手として雇われ、高濃度ウラン鉱石を粉砕場へ運びました。大量の放射線にさらされているとは知りませんでした。私たちは、強い放射能をもつ鉱石の上に座ってお昼を食べていたのです。安全のための情報や防護器具は一切あたえられませんでした。

  鉱山で働いていたあいだ、私は一度も危険を認識せず、放射線の危険な影響について一言のアドバイスも受けませんでした。会社は、このウランが大量破壊兵器の製造に使われることなど一度たりとして知らせませんでした。私たちにまったく何の情報も与えなかったのです。つい最近、私たちの部族は、政府と鉱山会社がウラン鉱石の発掘がもたらす危険を知っていたことを知りました。すでに鉱山が開かれた1935年の時点で、ウラン鉱石への被ばくを最小限に押さえよと警告する科学者の文書が存在していたのです。この文書には、2週間つづけて被ばくすると危険であると書かれていました。私は、鉱山で8年働きました。村の中には鉱山で30年働いた人もいます。

  これは13年前のことです。こんにち、ラグーナ保留区の住民は、非常に多くの放射線障害に苦しんでいます。精神的、身体的異常も増加しています。がん発生率も急速に増えています。私自身もがんと6年間たたかっており、3回にわたり高照射量の化学療法を受けてきました。いまのところは、ふたたび緩解期にあります。私は、調子の良い時にはできるだけ旅行をするようにしています。放射線のある所はきわめて危険なことを知らせる努力をしているのです。起こり得る例として私自身と家族の話をしています。

  つい最近、娘の夫が、まれにしか起こらない皮膚がんの診断を受けました。ウラン鉱山で働いたことがないにもかかわらず、彼はさまざまな形で被ばくしていたのです。彼の兄は地下坑道で働いていたため、彼の衣服についていたほこりが家を汚染しました。彼の家は、高濃度の放射性鉱石を粉砕場に運ぶ鉄道の沿線にありました。60マイル(約96km)以上にわたるその鉄道の沿線は、いまだ高度に汚染されています。これから地域の住民は、がんをはじめまれにしか起こらない病気にかかることが予測されます。私は、この美しく神聖な地にこのような惨害が二度と起こらなよう毎日祈っています。

  私の最大の望みは、母なる大地を可能な限り健康に保つ必要に人間が気づくことです。世の中には太陽エネルギーや風力、水力を利用した発電というよりよい方法が存在します。これらは、私たちの「偉大なる魂」が人間に与えた自然の力です。私たちはこうした力を利用する運命にあるのです。そうすれば、健康で平和な生活をおくることができます。

  私は、核兵器は要らないと確信しています。戦争で勝つ者はなく、あるのは犠牲者だけです。世界には、これ以上の死も破壊もいりません。平和と調和によってしか生きる道はありません。私の話を聞いた人が、自分や愛する者のためにより良い決定をするきっかけ得ることができれば幸いです。みなさんの長寿とご無事ご多幸を祈っております。




 
PDFWEB署名