ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

発行物紹介


国際情報資料

日本原水協の「国際情報資料」は核廃絶・平和運動に関連する重要文献を翻訳・収録して発行してきました。なかには国際情報資料でしか読めない文献も多数あります。お問い合わせは、日本原水協事務局(Tel: 03-5842-6031)まで。

最新刊

2017年1月現在の最新の6点です。詳細は各表紙をクリックしてください。

   

  

『国際情報資料』バックナンバーはこちら

広島・長崎被爆展示組写真(17枚組)


お求めは日本原水協までご連絡ください

下記にサンプルとして組み写真の一部をご覧下さい

原水爆禁止世界大会の記録

日本語

『原水爆禁止2010年世界大会の記録』

 原水爆禁止世界大会実行委員会は、『原水爆禁止2010年世界大会の記録』を発行しました。今年の世界大会は、NPT再検討会議の結果を受けて開かれた大会として核兵器廃絶をめざして次の展望を開く上でも、また「核の傘」から離脱し非核の日本をめざす運動や、被爆者援護の運動をいっそう前進させる上でも重要な成果をおさめることができました。
 『大会の記録』は、「国際会議宣言」など大会で採択した3つの文書をはじめ、セルジオ・ドゥアルテ国連軍縮問題上級代表と各国政府代表、広島・長崎市長のあいさつ、被爆者報告をはじめ、国際会議から大会の全日程にしたがって内外代表の発言を網羅しています。
 NPT再検討会議を受けて、核兵器廃絶が現実的目標となったことへの確信が語られ、草の根の運動をさらに広げようとの熱意にあふれた大会の感動を共有することができます。
 いま、全国でとりくまれている核兵器禁止・廃絶条約を求める署名をすすめるうえでも、格好の記録集です。世界大会の報告会を各地で開き、宣伝・署名運動などの力にしていくためにも、ぜひご活用ください。

B5版194ページ、頒価1500円(送料込み)。お問い合わせは、日本原水協事務局(Tel: 03-5842-6031)まで
『原水爆禁止2009年世界大会の記録』

 原水爆禁止世界大会実行委員会は、『原水爆禁止2009年世界大会の記録』を発行しました。今年の世界大会は、核兵器をめぐる世界の今後が問われる2010年NPT再検討会議を前に、「核兵器のない世界」を実現させるための国際的な共同の方向を明確にするなど、大きな成果をおさめました。
 『大会の記録』は、「国際会議宣言」など大会で採択した4つの文書をはじめ、セルジオ・ドゥアルテ国連軍縮問題上級代表と各国政府代表、被爆者の発言・あいさつ、広島・長崎両市長の特別報告など、国際会議から大会の日程にしたがって内外代表の発言を網羅しています。
 世界で広がる核兵器廃絶を求めるうねりとともに、来年5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議にむけた決意、多彩な草の根のとりくみなど、大会の感動を共有することができます。
 いま、1200万を目標に全国でとりくまれている署名「核兵器のない世界を」の運動をすすめるうえで、格好の記録集です。世界大会の報告会を各地で開き、署名運動などの力にしていくためにも、ぜひ積極的に普及・ご活用ください。

B4版180ページ、頒価1500円(送料込み)。
原水爆禁止2008年世界大会の記録(2008年8月3~9日)

 本記録集には、国連本部から代表参加したセルジオ・ドゥアルテ軍縮担当上級代表の発言全文をはじめ、9カ国政府代表やアラブ連盟代表の発言など、国際会議、広島・長崎大会での主要発言(全文)を掲載しています。国際会議宣言、広島からのよびかけ、原爆症認定訴訟の早期解決求める特別決議、長崎から世界の人びとへの手紙など、大会での4つの採択文書全文、大会を機に新たに開始された2010年NPT(核不拡散条約)再検討会議にむけた「核兵器のない世界を」のアピールと国際署名、広島・長崎両大会で発言された日本の草の根活動の全報告など、大会の日程にそった報告・発言の全容が収録されています。また、広島、長崎両市長の挨拶、両市の「平和宣言」全文も掲載、大会の感動を共有できる構成です。2010年にむけた核兵器廃絶運動を草の根から大きくすすめていくうえでの便利な書です。世界大会実行委員会では、署名運動などの力にしていくためにも積極的な普及・活用をよびかけています。

B5版・184頁、頒価1部1500円・送料込み。
お申し込み、お問い合わせは世界大会実行委員会か各県原水協まで。
電話 03-5842-6035 
FAX03-5842-6033。

記録集掲載の第8分科会報告「原発・核燃料サイクルと核兵器廃絶」について

 記録集(P101)の第8分科会報告に事務局の不手際から第1稿が掲載されています。関係者のみなさんにお詫びし確定原稿(全文)を掲載します。
原水爆禁止2007年世界大会の記録(2007年8月3~9日)
編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2007年9月
原水爆禁止2006年世界大会の記録(2006年8月3~9日)
編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2006年9月
原水爆禁止2005年世界大会の記録(2005年8月3~9日)
 編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2005年9月

原水爆禁止2004年世界大会の記録(2004年8月3~9日)
編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2004年9月 頒価1900円
原水爆禁止2003年世界大会の記録(2003年8月3~9日)
編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2003年9月 頒価1900円
原水爆禁止2002年世界大会の記録(2002年8月2~9日)
編集/発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2002年9月 頒価2200円
原水爆禁止2001年世界大会の記録(2001年8月3~9日)
発行:原水爆禁止世界大会実行委員会 2001年9月 頒価2200円

英語

2004 World Conference against A &H Bombs
Complete record of the 2003 World Conference, featuring all the major speeches given during the conference in Hiroshima and Nagasaki.
Pulished by the Organizing Committee, October 2004
2003 World Conference against A &H Bombs
Complete record of the 2003 World Conference, featuring all the major speeches given during the conference in Hiroshima and Nagasaki.
Pulished by the Organizing Committee, October 2003
2002 World Conference against A &H Bombs
Complete record of the 2002 World Conference, featuring all the major speeches given during the conference in Hiroshima and Nagasaki.
Pulished by the Organizing Committee, November 2002
2001 World Conference against A &H Bombs
Complete record of the 2001 WorldConference, featuring all the major speeches given during the conferencein Hiroshima and Nagasaki.
Pulished by the Organizing Committee,November 2001 (\3000)

その他

記録集

原水爆禁止運動の原点がよくわかる

被災56年3・1ビキニデー集会記録集
原水爆禁止運動の原点がよくわかる

被災55年3・1ビキニデー集会記録集

 「原水爆の被害者はわたしを最後に―」の遺言をのこし亡くなった第五福竜丸乗組員・久保山愛吉さん。1954年3月1日、アメリカによるビキニ環礁での水爆実験でたくさんの日本漁船やマーシャルの人々が被災し、広島・長崎に続く三度の原水爆被害に日本では、原水爆禁止の運動が燎原の火のように広がっていきました。3・1ビキニデーは、これを機に運動の爆発的な出発点となり、核兵器廃絶の願いは全国、全世界へと広がっていきました。

B5版 70Page 頒価は1冊700円(送料実費)
お申し込み、お問い合わせは、原水爆禁止世界大会実行委員会 電話03-5842-6035 FAX03-5842-6033まで
ビキニ08報告集 原水爆禁止運動の原点がよくわかる

被災54年3・1ビキニデー集会記録集

 ことしの「3・1ビキニデー集会の記録」は、映像とともに語るビキニ事件として、第五福竜丸元乗組員の大石又七さん、ロンゲラップ環礁選出のマーシャル諸島共和国前上院議員のアバッカ・アンジャインさんがリレートーク。「日本・世界で広がる平和の運動」として、映画「ビキニの海は忘れない」の森監督と、「私の願いつるにのせて」と題した美帆・シボさんの報告が注目です。実は二人は同郷で同じ高校の同級生。核兵器廃絶の前進のために―各界からの発言などを中心に編集され、資料も満載です。原水爆禁止運動の原点に学び運動をすすめていくうえで格好のパンフレットです。

B5版 70Page 頒価は1冊700円(送料実費)
/お申し込み、お問い合わせは、原水爆禁止世界大会実行委員会 電話03-5842-6035 FAX03-5842-6033まで
被爆60年半世紀の原水爆禁止運動の足跡と未来

『ドキュメント 核兵器のない世界をー被爆60年と原水爆禁止運動1945~2005』
編集・発行 原水爆禁止日本協議会(日本原水協)

報告集等 日本原水協は創立50周年を記念し、「ドキュメント核兵器のない世界をー被爆60年と原水爆禁止運動1945~2005」を刊行しました。広島・長崎の原爆被爆以来の記録写真集をはじめ、1945年以後の反核平和年表(通史)、豊富な資料集等、時々の核兵器をめぐる情勢と原水爆禁止運動がよくわかる待望の書。主な内容は、・フォト編、・年表編、・資料編から構成されています。
 フォト編は2部からなり第1部は、「1945年広島・長崎」「ビキニ被災と原水爆禁止運動」「軍事ブロック対立と原水爆禁止運動」の3つのテーマごとに写真と資料を収録。第2部は1985年から2005年までの20年間を、「『ヒロシマ・ナガサキアピール』と『平和の波』」「核兵器の独占か廃絶か」「世界の被ばく者とともに」「核兵器廃絶の『明確な約束』へ」「核兵器も戦争もない世界を」の5つのテーマで括り、核兵器をめぐる世界の動きと原水爆禁止運動の発展を焦点に収録しています。年表、資料も豊富、各年代ごとの「反核平和コラム」も好評です。核兵器廃絶・平和を願うすべての人々に活用してほしい1冊です。この「ドキュメント」は、日本図書館協会選定図書にも推奨されています。

A4版・172頁。頒価2800円。
NPT再検討会議日本原水協要請代表団記録集

B5版・64ページ(巻頭8ページはグラビア)
頒価 1000円(10冊以上送料無料)

内容目次

  • グラビア
  • 要請代表団の活動のまとめ
  • 特集ページ
    1. ドゥアルテNPT議長に503万の署名提出と各国政府代表部要請
    2. 5・1NY大行進、集会
    3. 4・30公開シンポジウム
    4. 5・3交流集会
    5. ハンフォード、ネバダ、サンフランシスコ、ワシントンでの交流
    6. 全労連、民医連、新婦人交流集会、「世界青年のつどい in NY」・ 活動の記録
  • 資料
    NPT要請代表団活動方針、各国政府への提言、日本政府への申し入れ書、5・1集会での高草木事務局長のスピーチ、5・4署名伝達式での書名目録、NPT再検討会議の結果を受けて
No Image 「徹底究明 ミサイル防衛と日本 同時多発テロ問題?ブッシュ政権がめざすもの 10・12 緊急パネル討論会報告集」

発行:日本原水協 2001年11月 頒価500円核実験被害地調査団の報告集(マーシャル諸島、ネバダ、旧ソ連など)

映像資料

生きていてよかった/Still It's Good to Live
ドキュメンタリー『生きていてよかった』(監督:亀井文夫)DVD
 日本原水協は、創立50周年を記念して、ドキュメンタリー『生きていてよかった』のDVD(デジタル・ビデオ・ディスク)を(株)日本ドキュメントフィルムの協力で製作しました。
 「生きていてよかった」は、第1回世界大会が被爆者救援をよびかけたことの具体化として、1956年に日本原水協が製作した被爆者のドキュメンタリーです。東京・銀座の並木座で無期限上映されたのをはじめ、一般劇場や自主上映で2カ月間に全国425カ所で上映され、被爆者の実情をリアルに伝え、大きな反響をひろげました。その年の平和文化賞、ブルーリボン賞を受賞した名作です。原水爆禁止運動の原点を今日に伝える映像であり、創立50周年にふさわしい映像作品として全国で普及しましょう。

2005年10月 原水爆禁止日本協議会

カレンダー

***愛と平和のちひろカレンダー***

 核兵器のない地球を子どもたちに手わたそう―のねがいが切実さを増すなかで、いわさきちひろさんの作品によるカレンダーは、あらためて注目されています。

 ちひろカレンダーは、1976年版から「核兵器廃絶、被爆者援護・連帯のために日本原水協カレンダー」として制作をはじめました。 カレンダーのちひろさんの絵を通じて、夢や対話がひろがることを願って!

***環境にやさしいちひろカレンダー***

 従来は金具を使用した綴じ方式でしたが、紙で綴じるホットメルトを新たに採用し、環境にやさしいカレンダーになりました。実用面でも使いやすくなったちひろカレンダーを、手から手へ、こころのこもった贈り物にいかがですか。

お問合せ:A2版、頒価1400円(送料別)、各都道府県原水協、または日本原水協まで。

世界大会関連グッズ

ピンバッジ携帯ストラップ(クリーナー付)
  

このページの最初へもどる あるいは GensuikyoのTop Pageへもどる

 
PDFWEB署名