ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

機関会議の決定書類/談話/声明

Share|
申入朝鮮民主主義人民共和国政府への申し入れ
 私たちは、核兵器の全面禁止を求める運動として、貴国に対して現在計画中のロケット打ち上げをやめるよう強く申し入れます。貴国政府による新たな実用衛星の打ち上げは、非核平和の東アジアの流れに逆行し、国際社会との関係を悪化させるものです。

 周知のように、貴国は2000年以降、核兵器の開発・実験とあわせてミサイルの発射実験を強行し、国際社会からも強い不安と批判をよんできました。そのため国連でも、貴国にたいし「いかなる核実験又はいかなる弾道ミサイル技術を用いた発射もこれ以上実施しない」(安保理決議1874)よう決議がなされています。「宇宙利用の権利」の主張は通用しません。

 また、貴国をふくめ全当事国が朝鮮半島非核化のための6者協議を再開すること、さらに2010年NPT再検討会議で合意した「核兵器のない世界の平和と安全」を達成するために誠実に努力することを強く求めるものです。

2012年12月5日 原水爆禁止日本協議会


 
PDFWEB署名